本文へジャンプ

仏名会詠唱奉納月影 
;お彼岸号99号 
阿弥陀寺寺報 「白菊」仏名会号 第100号 
 大施餓鬼法話
琵琶法師1 法話
 
ウーマンライフ掲載 
募集 講員様 詠唱 講習会 始めました  

あみだぶと 十声称えて まどろまん 永き眠りになりもこそすれ 法然上人

ようこそ 阿弥陀寺へ


お問い合わせ 阿弥陀寺 п@0744−27−3278  FAX 0744−40-7600  
メールアドレス 
info@kamidaji.com
 お問い合せ

新着情報
永代供養墓パンフレット更新しました
・今月の言葉6月更新しました 
・第二永代供養墓完成しました 随時受付中

.http://kamidaji.com/



今月の言葉2017年6月        水たまり ひとつ ひとつに 陽の光

As it reflects in every rain puddle,the sun illuminates us all.

6月は水無月ともいいます。「水が無い月」という意味ではなく、水の月。つまり田植えに多くの水を必要とする月です。暦の上では梅雨入りとなり、農家にとっては田植えの日を決めるうえで、梅雨の時期を知ることは重要でした。気象学が発達していなかった江戸時代に、目安として暦の上で入梅を設けたそうです。
 同じ「つゆ」でも「露」を、仏教では人の命にたとえます。朝露のように儚く、人の命はいつ消えてしまうかわからないもの。しかし、紫陽花の葉の上に残る一滴の朝露はたとえ儚いものだとしても、陽の光を浴びた時、何より輝き美しいものとなります。露のように儚い命も「必ず救うぞ、必ず導くぞ」とお誓いくださった阿弥陀仏の大慈悲の光明はお念仏をとなえる私たち一人ひとりに降り注ぎ、漏らすことはないのです。また、法然上人のお歌に
 露の身は ここかしこにて 消えぬとも 心は同じ 花のうてなぞ
とあります。
 これは露の身のように儚いお互いの身でも、後世必ず西方極楽浄土で再会できる、と詠んだものです。
 小学生時代のある夏、両親から買ってもらった長靴を早く履きたくて、玄関にその新品の長靴を置いていました。雨の日を今か今かと待っていましたが、そんな時は晴れが続くもの。ようやく雨になると待ってました≠ニばかりに長靴を履き、水たまりを駆け回っていました。雨の日が楽しかったのです。きれいな水たまり、濁った水たまり、深いものや浅いもの。雨あがりに射す陽の光で、雨水をお腹いっぱいため込んだ水たまりは、鏡のように上空の青空や周りの景色を映し出し、覗き込むと自分の顔も映ります。陽が射したおかげで、水たまりに映る自分の姿が見えるのです。
 南無阿弥陀仏は「助けたまえ阿弥陀仏」という意味。もちろん、往生するためにおとなえするのですが、となえるうちに普段気付けなかった本当の自分の姿に気付けるものかもしれません。現代社会を生きるためには、自分を高く評価してもらい、他に負けない自分をつくることも必要かもしれませんが、それは本当の姿を見失わせている原因のひとつかもしれません。
 気負わず、自分自身を責めず、ありのままの私を救ってくれる。梅雨の合間に射す陽の光の温かさを感じるたび、阿弥陀仏のありがたい存在を感じるのです。

(神奈川県真鶴町 西念寺 小俣慶樹)


   
      


永代供養納骨堂のご案内 
ご自身の存在と魂を死後も保障し、供養してくれる場所。   そして自分自身がほんとうに安心してご供養、お祀りされるところ。  居心地が良く、後々まで決して壊れたりする事のない頑丈な永代供養墓納骨堂。    そんな処をご案内させて頂きます。 

          
☆永代供養墓    New受付中
「絆の塔」
 ご予算ご要望ご希望に応じまして3タイプの納骨堂をご用意させて頂きました
 ウーマンライフ掲載
 
 永代供養納骨堂「絆の塔」      
 
永代供養墓「絆の塔」円光廟
パゴダ内部の様子


Cタイプ個別ミニパゴダ
完売しました 第二永代供養墓建設中です
 
 
パゴダ内部のBタイプ個別納骨壇と霊標
残りわずかです

 ☆永代供養墓詳しくは永代供養墓 サイトへ  お問い合せ
メールでのお問い合せはこちらから
 資料請求は、
電話0744(27)3278
FAX0744(40)7600
 
 境内墓地☆境内墓地・分譲中←詳しくは墓地サイトへ    
  ・近鉄橿原神宮前駅より徒歩8分、駅から近く 価格も安価な好立地条件で好評の墓地です。
○境内墓地 阿弥陀寺浄苑 ○宗旨宗派は問いませんクリック
 一聖地巻き石込・・・50万円 
 永代使用受付中    
     
  納骨堂奥の院紫雲庵                一聖地巻き石込・・・50万円     
 
☆納骨堂・永代供養 

詳しくは納骨堂のサイトへ
阿弥陀寺三十世 藤井法空 晋山式平成二十年十一月九日
三十一世(予定)も一緒に 
 
 
納骨堂内部


永代供養納骨佛
新規受付中
阿弥陀様の骨壺に納骨をして永代でご供養させていただきます 納骨冥加料18万円(初期費用のみで管理費は一切かかりません)
 
来迎佛 
 
                                  

大切なペットの供養墓、ご供養はお任せ下さい
・平成二十年ペットの合祀合葬の 供養墓を建立致しました。今 まで一緒に過ごしてきた、大切 なペットをご供養させていただ きます。
・焼骨のみの受付ではございます が、ご希望により、火葬の手配もさせていただきます。
・見学自由、山門をくぐり右側に お祀りしています。
・何時でもお参りできます.
詳しくは、お電話ください。
0744(27)3278

☆ペットのご供養←詳しくはペット供養サイトへ
お問い合せ
メールは、こちらから


いつか また、
        逢おうね





お知らせ


 詠唱 講習会 始めました  次の練習会は、
平成28年5月 日( ) です。
 於 阿弥陀寺

  午後二時より気軽にお越し下さい
 詳しくは下記にお電話下さい
 0744-27-3278メールは、こちらから
 募集 詠唱講員 (無料)メール アイコン
 
行ってきました
日時 
平成23年10月19日(水)
スナップ写真
 拡大  
   
     
平成24年5月16日岡山誕生寺御影堂前   平成25年5月16日伊勢欣浄寺にて  五重相伝記念写真2011-11-13  
   
阿弥陀寺寺報「白菊」バックナンバー
大施餓鬼会98号 秋彼岸会99号 仏名会100号 春季彼岸会「白菊」102号
 
   
 最新情報
                       
               

newpage12.htmlへのリンク

newpage29.htmlへのリンク

   
   
   

スマートフォン版